不動産用語集
用途別分類(カテゴリー)別
頭文字(イニシャル)別
あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ・ん  すべて
げんじょうかいふくぎむ

原状回復義務

建物賃貸借契約の終了時における借主のなすべき義務の一つ。

契約期間の満了に伴う借主からの解約の申入れ等によって、建物賃貸借契約が終了したとき、建物賃貸借契約は将来に向かって消滅する(民法第620条)が、借主は当該建物を賃貸借契約の開始時の状態に戻す義務を負う(民法第545条・第546条)。
この借主の義務を「原状回復義務」と呼んでいる。

この原状回復義務について、借主がどこまで建物を原状に戻す義務を負うかに関してはさまざまな見解がある。
過去の裁判例では、通常の用法に従って使用していたにもかかわらず発生してしまった汚損や破損については、契約において特約がない場合には、借主は原状回復義務を負わないと解釈する傾向にある。
参考文献:
関連サイト:
Powered by Xwords  based on Wordbook
賃貸情報 取扱エリア
霧島市 ( 国分隼人溝辺福山その他姶良市 ( 姶良加治木その他その他
賃貸種別
一戸建て   アパートマンション
賃貸こだわり条件
敷金礼金0円   一人暮らし   ファミリー向け   ペット可
間取
1K~1LDK   2K   2K~2LDK   3DK~3LDK   4DK以上
家賃・賃料
3万円未満   3万円以上4万円未満   4万円以上5万円未満   5万円以上6万円未満   6万円以上